×

事業内容について

事業内容について

まだ製品候補を大手企業にライセンス導出をしていないので、事業リスクが高いのではないか?
製品候補が、特に研究段階にある際は、それが大手製薬企業にライセンス導出されることは、一種の技術の事業的検証とみなされてきました。しかし、世界の大手製薬企業の研究開発費は近年著しく上昇しているものの、新薬創出の生産性は低下しているように、大手製薬企業が投資を決めたことが必ずしも製品候補の成功を約束するものではなくなりつつあります。

また、ライセンス導出をどのタイミングでしているかが事業リスクの判断に重要と考えています。研究開発段階の早期でのライセンス導出は、導出先企業にとって投資金額も小さいため、高いリスクをとって高いリターンを狙うことが可能です。従って、研究開発段階早期での導出は、単に高いリスクが導出先企業に移行しているに過ぎない可能性があります。

さらに、当社のような研究・生産施設を持たず、開発・販売に特化する企業にとっては、開発途上でのライセンス導出は、導入した製品候補に十分な付加価値をつけないまま『安売り』するリスクも生じ、むしろ株主価値を下げることになりかねません。

当社では経営資源や開発ポートフォリオ全体のリスクを鑑みながら株主価値が最大になるよう、世界での経験豊富な経営陣が自社開発もしくはライセンス導出を常に検討しております。
日本でも開発をしますか?
現時点で日本での自社開発・販売は予定されておりません。
開発の進捗状況は?
各疾患の進捗状況は、開発パイプラインを参照下さい。