×

開発パイプラインについて

MN-166神経系疾患治療薬

MN-166(イブジラスト)とは

イブジラストは、日本と韓国で、喘息および脳梗塞発作後の症状の治療薬としてすでに27年以上使用されている経口投与の低分子化合物です。当社は現在MN-166は、ファースト・イン・クラスの経口摂取可能な低分子化合物で、ホスホジエステラーゼ-4および10の阻害剤マクロファージ遊走阻止因子(MIF)阻害剤で、炎症促進作用のあるサイトカインなどを阻害する働きを有しており、また、グリア細胞の活性化を減衰し、ある種の神経症状を緩和することがわかっています。前臨床研究および臨床研究において抗神経炎症作用および神経保護作用を有することが確認されています。
当社は、MN-166を進行型多発性硬化症およびALS(筋萎縮性側索硬化症)、薬物依存などの神経症状の治療薬として開発しています。

MN-166の適応症

進行型多発性硬化症

多発性硬化症は、脳やせき髄、視神経に病巣ができて脳から全身への司令が適切に伝わらなくなる病気で、歩行、視覚、知力など様々な身体機能の障害症状が現れます。このうち進行型多発性硬化症は、再発や寛解を経ることなく、これらの障害症状が進行し続けます。

詳しくはこちら

ALS(筋萎縮性側索硬化症)

手足・のど・舌の筋肉や呼吸に必要な筋肉が徐々にやせて力がなくなっていく難病で、ルー・ゲーリック病としても知られています。

詳しくはこちら

薬物・嗜好品依存症

依存性・中毒性が高く医学的治療の必要な覚醒剤、麻薬、アルコールの各依存症を適応症としています。

詳しくはこちら

クラッベ病

米国で10万人に対し1例しかない非常にまれな遺伝性の神経変性疾患で、主として小児に発症する難病です。

詳しくはこちら

DCM(変性性頸椎脊椎症)

頸椎脊髄圧迫によって引き起こされる麻痺(まひ)と定義されており、老化、関節炎などによって引き起こされる進行性の神経学的疾患、脊髄狭窄による頚椎症性脊髄症および頸椎ヘルニアなどを含みます。

詳しくはこちら

CIPN(化学療法誘発性末梢神経障害)

がん治療に使用される化学療法および他の薬物のいくつかは、手足などに感覚を伝える末梢神経に損傷を与えることがあります。そのため、化学療法誘発末梢神経障害は「抗がん剤による末梢神経障害」とも呼ばれます。

詳しくはこちら

グリオブラストーマ(神経膠芽腫)

グリオブラストーマは非常に進行が早く、致死性も高い悪性脳腫瘍です。グリオブラストーマと診断された患者の2年生存率は30%で、診断後36カ月以上生存可能な患者はわずか5%と言われています。

詳しくはこちら