×

開発パイプラインについて

グリオブラストーマ(神経膠芽腫)

グリオブラストーマ(神経膠芽腫)とは?

原発性悪性脳腫瘍は、小児と若年者のがん死因の中で最も高く、メラノーマによる死亡よりも多いとされています。中でもグリオブラストーマは、脳グリア細胞から発生し急速に周囲の脳組織に広がり、進行が非常に早く、致死性が非常に高い脳腫瘍とされています。世界保健機関(WHO)脳腫瘍悪性度分類で最も悪性度の高いグレードIVに分類されます。

患者数など病気の規模は?

米国脳腫瘍学会によると、グリオブラストーマは全脳腫瘍の15%、グリオーマ(神経膠腫)の56%近くを占めています。悪性脳腫瘍の中でも最も多く、米国では2018年に約1万3,000人の患者が新たに診断されると考えられています。グリオブラストーマと診断された患者の生存期間中央値は14.6カ月、2年生存率は30%と言われています。また、診断後36カ月以上生存可能な患者は5%と言われています。

良い薬はないの?

現在のところ有効な治療方法は確立されていません。近年の脳神経画像検査、脳外科手技、化学療法や放射線治療などの進展向上にも関わらず、グリオブラストーマ患者の予後については、わずかな改善が見られているにすぎません。

メディシノバの開発はどこまで進んでいるの?

2018年10月、FDAより、グリオブラストーマを適応としたMN-166をTMZ(テモゾロミド)との併用療法でオーファンドラッグに指定されました。

開発パイプラインの紹介