×

開発パイプラインについて

IPF(特発性肺線維症)

IPF(特発性肺線維症)とは?

肺線維症は、肺の瘢痕化によって内膜が厚くなり、不可逆な拘束性換気障害をきたす進行性肺疾患です。肺線維症の原因はさまざまですが、抗がん剤治療や化学物質への暴露等で起こります。特発性肺線維症は、原因不明の肺線維症の一種です。IPFは予後不良であり、平均生存期間は診断後わずか2~3年で、患者の3分の2以上が5年以内に亡くなります。

患者数など病気の規模は?

肺線維症基金によると、米国におけるIPFの患者は13万2,000人~20万人で、さらに毎年、推定5万人が新たにIPFと診断されています。

良い薬はないの?

米国で承認されているIPF治療薬には、ロシュ(旧インターミューン)およびベーリンガー・インゲルハイムの製品があります。臨床開発段階にある製薬会社には、ロシュ、サノフィ、バイオジェン、ファイブロジェンなどがあります。

メディシノバの開発はどこまで進んでいるの?

2014年に前臨床試験を完了した後、肺線維症のマウスモデルにおけるMN-001の良好な結果を公表し、米国食品医薬品局(FDA)からIPFを適応とするMN-001に対してオーファンドラッグの指定を受けました。
2015年9月には、IPF患者の治療薬としてのMN-001に対してファストトラックの指定承認を受け、同年10月より中等度から重度のIPFを適応としたフェーズ2臨床治験をペンシルバニア州立大学で開始。現在実施中です。
2016年7月に、諸原因による、様々な臓器や組織における線維症、線維化疾患を適応とするMN-001に関する新たな特許に対し、米国特許商標庁(米国PTO)から承認を得ました。また、中国特許庁からも同年3月にMN-001の結晶型に対する物質特許、医薬組成物および製造方法が特許承認を得ています(同様な特許はすでに米国、日本などで承認されています)。

開発パイプラインの紹介